2006年01月28日

競馬 第56回東京新聞杯フジサイレンス初重賞制覇

東京11Rの第56回東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は、11番人気フジサイレンス(江田照男騎手)が外から差し切り優勝、初重賞タイトルを手にした。勝ちタイム1分33秒7。
道中は後方でジッと脚を溜めたフジサイレンス。直線外に出すと絶好馬場で自慢の切れを最大限に発揮し、早め先頭から押し切りを狙った2番人気オレハマッテルゼ以下をゴール寸前捕え切った。3番手から押し切りを図ったオレハマッテルゼがアタマ差の2着を確保し、クビ差3着には1番人気に推されたインセンティブガイが入線した。
競馬 第56回東京新聞杯フジサイレンス初重賞制覇 関連ブログ

結論への経緯 東京新聞杯
アルビレオ:A+ずっと追いかけてた馬。ここなら重賞制覇も可能。期待を込めて。+生粋のマイラー+金杯の切れ味はすさまじかった。1頭だけ早送りに見えた。−あの切れが一瞬しか使えないのが心配。明らかに東京不向き。(○やっぱり坂で脚を使わされて最後まで持たなかった)オレハマッテルゼ:A+東京大得意。複勝率90%!!(○きっちり2着。東京マイルは抜群の安定性)+叩き3走目。走りごろ。キネティクス:B+東京は割りと得意。+前々走の走…

だばちゃんのブログ 東京新聞杯
1着   フジサイレンス2着 ◎ オレハマッテルゼ3着 ▲ インセンティブガイ馬連 10−16 150.2倍(48番人気)満を持して抜け出したオレハマッテルゼだったが、大外を良く伸びたフジサイレンスが差し切った。OPではそれほど実績がなかったが、前走3着と調子を上げていたか?とにかく今日は内容が良かった。オレハマッテルゼは、追ってから突き放せなかった。堅実な反面、決め手の面で重賞ではやや不足。インセンティブガイ以下は、内枠を…

競馬で勝つ為のノウハウ 東京11R第56回東京新聞杯 京都11R橿原ステークス結果
いゃー京都11R橿原ステークスBOXで買っておけば当たりだったのにー残念でした。(T_T)なかなか流しで当てるのは難しいですねーBOXなら3連単で03-12-11 22,260円 万馬券的中だったのにーガックリです。この反省も踏まえて明日の予想はBOX買いにしよう。

ROCKING BEAM 東京新聞杯回顧
2着8着なんともなりませんがね。。。1着 フジサイレンス左回りの1400〜1600mがベスト条件ということは分かっていたが、それでもここでは能力不足だと思った成績を良く見てみると超叩き良化タイプだということが分かる休み明け5戦目からやっとエンジン全開といった珍しい馬ですな後は完全に冬>夏2着 オレハマッテルゼまたも2着斬れる脚がないだけにどうしても甘くなってしまう3着 インセンティブガイ1番人気とは驚きエンドスウィ…

posted by とし at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。