2005年09月23日

ドラマ電車男 最終話

沙織(伊東美咲)は、剛司(伊藤淳史)と出会ってからのことが全て綴られているというインターネット掲示板の「独身男が毒づくスレ」を読み始めた。酔客に絡まれたところを助けてもらったときのこと、初めて一緒に食事に出かけた日のこと、剛司の趣味がサーフィンだと勘違いして彼を苦しめてしまったこと、ストーカーから助けてもらったこと…。最初はスレを読むことに恐怖感すら感じていた沙織は、そのとき剛司がどんな思いでいたのかを初めて知る。そんな剛司の真剣な思いや、彼を励まし続けた名前も顔もわからないネットの住人たちの優しさを知った沙織は、いつしかそのスレに引き込まれていた。
「ドラマ電車男 最終話」からのトラックバック大歓迎

日常のある日 昨日の電車男
とうとう最終回を迎えましたねぇ、皆さんは見たでしょうか?おいらも真剣にではないですが見ましたが、なかなか面白かったと思います。おいら的には今度放送される「電車男・アナザーストーリー」の方が気にはなるのですが・・・(笑)さて、世間的には3連休ということでお出かけする方も多いかと思いますが、温泉に行くという方もいるかと思います。かくいうおいらも温泉は好きな方でして、ドライブした帰りには必ずといっていいほどどこかの日帰り…

ドラマは何でも教えてくれる 電車男  最終回
演出:武内英樹脚本:武藤将吾エルメス(伊東美咲)が掲示板を最初から読むというストーリー上の自然な流れを使って、最終回ではお約束の回想シーンを入れたのはうまかった。ちょっと長すぎたけど。そして告白のシーンも、電車男(伊藤淳史)が帰宅したあと掲示板に爆撃を食らわすというスタイルで描いたのは原作を大事にしていて良かったと思う。アニメ停戦までちゃんとやったし。桜井(豊原功補)の最後の抵抗は流れとしてちょっとあざとい感じもしたんだけど、この報告のスレの中で“誤報を与えたヤツ、グッジョブ!”とか書き込まれてそ…

めでぃばな 『電車男』 最終回
それぞれの恋模様に決着をつけ、ネット住人とのつながりを重視した最終回。ほぼ原作通りだったけど、ドラマ版の印象は「美しい〜」。俗っぽい表現をカットしてロマンチックにまとめられていたし、エルメスの撮り方も綺麗だった。それから、エルメスがとても積極的。「がんばって!」以外にも、告白のきっかけを作るし、自分からキスするし。お姉さんっぽさを強調したのだろうか。「もっと好きになっちゃいました」の台詞はドラマでもいいなぁ。で、ロマンチックな雰囲気になじんでくると現れる桜井和哉がナイス。ヘリのラジコンで覗きですか!…

都民住宅・ゴールデンレトリバー・他色々 電車男最終回!
昨日、電車男の最終回見ました。予想通りハッピーエンドって感じで・・・。でも、エルメスたんのキャラ変わりましたよね。なんか、今までのおしとやかさが無くなって。その後が見たいです。10月に何かやるみたいですが今までをまとめた感じなのかな〜?家のお気に入りキャラは、= 『松永氏』 =(劇団一人)です。何にもしてないのに=== 年収3000万 ===とは、ウケル!とにかく、毎週楽しみにしていましたので、終わってしまって残念です♪
posted by とし at 10:46| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7224635

この記事へのトラックバック

電車男 最終回
Excerpt: 最終回でしたね。 戸田恵子の出演は、ガノタはじめ我々の世代には、 たまらなかったのでしょうか? 知らない世代は、( ゜д゜)ポカーン だったでしょう。 別にストーリーの進行には、何も関係ないのに、 ..
Weblog: うぞきあ の場
Tracked: 2005-09-23 11:44

電車男
Excerpt: は「2ちゃんねる発」が売り物だったが、映画化などの作品紹介では、「2ちゃんねる」に言及されることは少なくなった。(電車男#映画化への感想電車男電車男(でんしゃおとこ)は、インターネットの掲示板サイト2..
Weblog: 【電車男】について
Tracked: 2005-09-23 19:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。