2005年10月11日

ドラマ 1リットルの涙 第一話

池内亜也(沢尻エリカ)は、高校受験を間近に控えた中学3年生。明るく頼れる母・潮香(薬師丸ひろ子)と豆腐店を営む人情派の父・瑞生(陣内孝則)、そして3人の弟妹たち、亜湖(成海璃子)、弘樹(真田佑馬)、理加(三好杏依)に囲まれて、平凡ながらも賑やかで楽しい毎日を送っていた…

yuki holic(ユキ・ザンマイ)←超訳 ●ドラマ●1リットルの涙
今期連ドラ、始まりましたねぇ。てことで、1リットルの涙をみました。沢尻エリカ、かわいいですねぇ♪原作は木藤亜也さんの、1リットルの涙です。原作は全部読んだことないですが、映画化もされているようですね。ドラマ版は、多少脚色があるようです。脊髄小脳変性症という病気にかかった、高校生の生涯・・・まだまだ導入部分ですが、重い題材なので、どうなるのか気になります。しばらく観続けてみようかなぁ・・今期のドラマはやはり大奥が一番楽しみでしょうか。

楽楽ニッキ 1リットルの涙
今日から亮ちゃんのドラマ、『1リットルの涙』が始まりましたね☆初回・・・かなり考えさせられる言葉が沢山ありました。心の底から実感することはきっと難しいと思うけど、ドラマを見て少しでも考えられたらいいなって思います(^^)それにしても、亮ちゃん、高校1年生の役ですか!?貴方も、永遠の高校生!?(笑)来週からも楽しみにしたいと思います♪

fly away!!! 「1リットルの涙」スタート!
こう見えて俺はけっこう読書とかするタチなのだ。(ってか、単に行き帰りの電車とかがヒマだから・・・)部活の後とかは座席に座ってバタン!と寝ちゃうけど(疲れてるからしゃーなぃべ)、そうでなければだいたい大人しく読書してる。(少なくとも昔はもっと読書してた。今は1冊読むのに2〜3ヶ月かかってしまう)最近読んでるのは「1リットルの涙」。そう、今日フジ系列で連ドラがはじまった、あのドラマの原作。なんせ一日の間で読む時間が短いからまだ半分までしか読んでないけど、なんか結構感動しそう。主人公の少女・亜也が難病と闘いなが…

君は君だよ 1リットルの涙
今日からフジテレビ系列で始まったドラマです。 15歳で脊髄小脳変性症になった女の子の実話です この病気は比較的高年齢で発病するので、15歳で発病は早いですね。 私は横浜市に住んでいて、通勤には市営地下鉄使うんでが、最近電車のリニューアルがあったみたいで、上手く表現出来ないけど、座席の端のドアの横に大きなパイプが無くなってしまったんですよね。 そうすると、途中の駅から乗る場合に捕まる所がなくてね、ドアの端に立ってる人がいるのに、手を伸ばしてそこのドア横のパイプを持ってしまって、凄く嫌な顔されます(笑)
だからこないだ、がんばってつり革持ってみたんですが、揺れた瞬間思いっきりバランス…
posted by とし at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。