2005年10月14日

ドラマ 大奥 華の乱 第一話

時は第5代将軍・綱吉(谷原章介)の時代。大奥の権力は綱吉生母・桂昌院(江波杏子)に集まっていた。側室・お伝の方(小池栄子)は桂昌院のお気に入りで、お世継ぎとなるべき徳松と鶴姫の二児の母。一方、京は鷹司家から輿入れた正室・信子(藤原紀香)にはまだ子がない。公家出身の信子は出自の低い桂昌院、お伝の方とは敵対関係にあった…
「ドラマ 大奥 華の乱 第一話」

夢か本当か・・ 大奥〜華の乱〜
いよいよ待ちに待ったフジTVドラマ『大奥』が昨夜スタートした。菅野美穂と浅野ゆう子の『大奥』→松下由樹と瀬戸朝香の『大奥 第一章』と見続け今回が3作目。今回は5代将軍綱吉から物語りはスタート。去年の年末に放送した草塙笋痢愼狙邱傍� イヌと呼ばれた男』綱吉役のイメージが強すぎて・・・「いい人・綱吉」って感じだった私は昨日の綱吉を拝見して驚いた。えぇぇぇぇぇ、殿が萬田久子とぉ〜○×△?だって、彼女は『コスメの魔法』の高樹礼子よとか北村一輝は『大奥』の時、徳川家定頭だったよね〜とか・・頭の中ごちゃごちゃ…

笹の庵 大奥 華の乱
大奥は最初のやつからずっと見てます。(第一章は途中からだけど) 今回の綱吉の大奥「華の乱」も楽しみにしてました。いや、やっぱり面白いですな。谷原氏演じる綱吉の舐め回すような視線がなんとも(^^A)。常連さんの北村さんがどんな役だと思ったら、柳沢かぁ。時代モノドラマでの柳沢の描かれ方って好きです。負のイメージが多い人物ですけどね。姉が「帯をほどいて『あ〜れ〜』みたいなシーンがあるらしいよ!」と言ってたので楽しみにしてたら、上様と阿久里さんのアレなシーンかよ・・・。上様ひどい。でもって怖い。あの場面…

月のきざはし 『大奥 華の乱』第1話
『大奥 華の乱』がいよいよ始まりました。ということで、第1話の感想を少し書いてみたいと思います。まず、上様が〜〜(^^; 今までの方たちとは、なんか、違いますよね。見てて、ひどい〜〜って感じで。お玉ってば、育て方、間違えたね、としか言いようがないような……。当人は、阿久里に多少は恋情めいたものも、あったのかもしれないけど(彼女が結婚した時のエピソードなどを見ればね)、でもあれは、やっぱりひどいですよね。他人の奥さんを、その自宅でレイプしておいて、金を渡して娼婦扱い。あげくに、娘にまで同じことをしろ…
posted by とし at 16:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8129638

この記事へのトラックバック

今さらドラマ:『大奥〜華の乱〜』
Excerpt: 今日は:{/kaeru_fine/} わたしこのドラマ好きなんですけど、〜華の乱〜はみてなかったんですよ。 確か裏番組みてたような・・・・・。フジテレビは再放送するだろうし・・・・って。てな..
Weblog: くらげほのぼの日和
Tracked: 2006-12-18 11:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。