2005年10月16日

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」

着ぐるみに身を包むよう自分自身を演出し、人気者として君臨する2年B組・桐谷修二。周囲をうまく盛り上げ、まさにクラスのリーダー。そんな修二の唯一苦手な人物が、同じクラスの草野 彰。彰は優柔不断でおっちょこちょい。でもって、ちょっとピントがずれている。その性格からクラスでも浮いた存在の生徒。そんな彰は、修二のことを「親友」と 思い込み、修二になにかと絡んでくるから修二としてはおもしろくない。どうしても、こいつの前では調子がくるってしまうのだ。そんなある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきた。転校生の名は小谷信子。外見に無頓着で自身を飾ることをしない暗い印象を持つ、修二とは正反対の少女だった。信子の、周囲に人を寄せ付けぬ態度や雰囲気が災いし、不良グループのリーダー、バンドーに睨まれてしまう。そんな修二は、ひょんなことから虐められっ子、信子を人気者にする、プロデュースを引き受けるのだった。やがて、それは、イジメへとエスカレート。クラスの雰囲気はだんだん、悪くなっていく。それを見た修二は、「自分は関係ない」とたかをくくっていたが…。
ドラマ「野ブタ。をプロデュース」関連ブログ

日和見日和-happygolucky- [テレビ]一応野ブタ。をプロデュース
上記の理由から半分近く吹っ飛びました。あーやっぱり竜(@ごくせん)がいい。竜が最高だった。竜カムバック。基本的に髪の毛くるくるよりもストレート好きなので、それもあるかも。あとお肌が荒れすぎよ! かぶりついて見ると(見たのか!)すごい気になるよ!ストーリー的には、ちょっと辛い。何が辛いって進行とか演出とかじゃなくて、ただ単純にいじめられた経験のある人にとっては直視できない絵面だと思いました。ああいうの、いじめた方は覚えていないって言う一般論を聞いたんだけど、いじめられた方って多分一生忘れられないと…

舞のmy日記☆ 野ブタ。をプロデュース
『野ブタ。をプロデュース』を見ましたo(^-^)o何と無〜く見てたんですが、面白かったです♪『ノブコ負けんな!!』とか思いつつ。何気に芸人さんも出ててたから一層楽しかったです♪末高斗夢さんと、ぼれろの渡辺さん(^O^)末高斗夢っぽい声が聞こえるなぁ〜と思ったら本人でビックリΣ(-ロ-;)隣の人も見た事あると思い、考えに考えた結果“ぼれろ”のボケだと判明(^^ゞでも名前が思い出せ無くて…調べて渡辺さんって方だと知りました(..;)末高斗夢は普通にネタやっててウケました(笑)『小帽子』と『おったまゲタ』(*^皿^*)来週も見ようっと…

Shi-Re-N 野ブタ。をプロデュース 第1回
ついに始まっちゃいました!野ブタ。!私としては、「青春アミーゴ」をしっかり聴いたことがなかったので、すごーく楽しみにしていました。新聞などで、「ミ・アミーゴ」という歌詞の字面を見て、「ちょっとちょっと〜大丈夫なの〜(((( ;゚Д゚)))」なんて思っていたせいか、聞いた直後は「あれ?普通やん」と思ってしまいました。(どんだけオカシナ歌を想像していたんだか)歌の印象が良かったのに、エンディングのアニメはちょっと合わない感じがしてしまいました。あれに数百万かけるなら、修二と彰のPV流してくれたほうがいいのに・・・・。ドラマについての感想。↓↓(原作は読んだことないですorz)亀ちゃんの役…
posted by とし at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。