2006年01月28日

競馬 第56回東京新聞杯フジサイレンス初重賞制覇

東京11Rの第56回東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は、11番人気フジサイレンス(江田照男騎手)が外から差し切り優勝、初重賞タイトルを手にした。勝ちタイム1分33秒7。
道中は後方でジッと脚を溜めたフジサイレンス。直線外に出すと絶好馬場で自慢の切れを最大限に発揮し、早め先頭から押し切りを狙った2番人気オレハマッテルゼ以下をゴール寸前捕え切った。3番手から押し切りを図ったオレハマッテルゼがアタマ差の2着を確保し、クビ差3着には1番人気に推されたインセンティブガイが入線した。
競馬 第56回東京新聞杯フジサイレンス初重賞制覇 関連ブログ

続きを読む
posted by とし at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ボビーの弟がK−1デビュー

K−1を主催するFEGは24日、都内・K−1ジムで記者会見を行い、Dynamite!!で活躍するボビー・オロゴンの実弟アンディ・オロゴンのK−1デビューを発表した。デビューの地となるのは2月4日、さいたまスーパーアリーナで行われる「K−1 WORLD MAX 2006〜日本代表決定トーナメント〜」の第1試合。抜群の身体能力で将来を嘱望されるプロレス界の超新星・飯伏幸太(DDT)が対戦相手を務める
ボビーの弟がK−1デビュー 関連ブログ

続きを読む
posted by とし at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

JリーグのJOMOオールスターサッカー

JリーグのJOMOオールスターサッカーは9日、大分スポーツ公園総合競技場に3万3549人の観衆を集めて行われ、Jウエストがイーストに3−2で逆転勝ちした。東西対抗形式での通算成績はウエストの6勝4敗1分けとなった。
 ウエストは1−1で迎えた後半10分、高松(大分)のゴールで勝ち越すと、同21分には38歳の中山(磐田)が、オールスター最年長となるゴールを決めた。
 MVP賞には地元のマグノアウベス(大分)が選ばれ、賞金100万円などを獲得。敢闘賞はイーストの中澤(横浜M)。最も印象的なプレーを見せたMIP賞には中山が選出された。 

続きを読む
posted by とし at 21:25| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1 日本グランプリ ライコネンがラスト一周で逆転

F1世界選手権シリーズ第18戦、日本グランプリ(GP)は9日、鈴鹿サーキット(1周5.807キロ)で決勝(53周)が行われ、予選17位のキミ・ライコネン(フィンランド、マクラーレン)がラスト1周でジャンカルロ・フィジケラ(イタリア、ルノー)を追い抜き、逆転優勝した。今季7勝目。3位は既に総合優勝を決めているフェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)。トヨタ勢は予選トップのラルフ・シューマッハー(ドイツ)が8位、ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)はリタイアした。佐藤琢磨(BARホンダ)は13番目にゴールしたが、トゥルーリの進路を妨害したとして記録なしに終わった。昨年優勝のミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)は7位。

続きを読む
posted by とし at 21:01| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

競馬 スプリンターズステークス結果 サイレントウィットネスが優勝

中山11Rのスプリンターズステークス(3歳以上GI・芝1200m)は、1番人気サイレントウィットネス(F.コーツィー騎手)が優勝。勝ちタイムは1分07秒3。
サイレントウィットネスは香港・A・クルーズ厩舎所属の6歳セン馬で、父El Moxie/母Jade Tiara(母の父Bureaucracy)という血統。通算成績は20戦18勝(海外・中央含む)。
「競馬 スプリンターズステークス結果 サイレントウィットネスが優勝」

続きを読む
posted by とし at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

競馬予想 第39回スプリンターズステークス

第39回スプリンターズステークス 枠順
1 ゴールデンキャスト
2 テイエムチュラサン
3 リキアイタイカン
4 デュランダル
5 ケープオブグッドホ
6 シーイズトウショウ
7 シルキーラグーン
8 プレシャスカフェ
9 カルストンライトオ
10 キーンランドスワン
11 ゴールデンロドリゴ
12 アドマイヤマックス
13 サイレントウィット
14 マルカキセキ
15 タマモホットプレイ
16 ギャラントアロー

「競馬予想 第39回スプリンターズステークス」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 17:54| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

プロ野球 セリーグ阪神タイガース優勝決定!!

阪神が6連勝で優勝を決めた。1回に金本の適時打で先制し、2回と7回に2点ずつを加点。下柳は6回まで4安打無失点と好投し、リーグトップに並ぶ14勝目。藤川、ウィリアムス、久保田の継投で逃げ切った。巨人は5連敗で今季78敗目。
「プロ野球 セリーグ阪神タイガース優勝決定!!」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 00:13| Comment(0) | TrackBack(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

F1 第17戦ブラジルGP アロンソが最年少総合優勝

F1シリーズ第17戦、ブラジル・グランプリ(GP)は25日、当地で71周(1周4・309キロ)の決勝を行い、3位に入ったフェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)が、史上最年少の24歳で今季2戦を残して年間総合優勝を決めた。
 レースはフアン・モントーヤ(コロンビア)が優勝し今季3勝目、2位にキミ・ライコネン(フィンランド)が続き、マクラーレン・メルセデス勢が上位を独占した。
 最後尾スタートの佐藤琢磨(BARホンダ)は10位、同僚のジェンソン・バトン(英国)は7位。トヨタ勢はラルフ・シューマッハー(ドイツ)が8位、ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)は13位だった。
「F1 第17戦ブラジルGP」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 14:09| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

競馬 第53回神戸新聞杯 ディープインパクト優勝 第51回オールカマー ホオキパウェーブ優勝

阪神11Rの菊花賞トライアル(3着まで優先出走権)、第53回神戸新聞杯(GII・芝2000m)は単勝1.1倍の支持を集めたディープインパクト(武豊騎手)が1番人気に応えて完勝、デビューからの連勝を6に伸ばすとともに無敗の3冠へ向けて盤石の競馬を見せた。勝ちタイムは1分58秒4(良)。2着に5番人気シックスセンス、3着に6番人気ローゼンクロイツが入り、上記3頭が菊花賞の優先出走権を獲得した。
ディープインパクトは栗東・池江泰郎厩舎所属で、父サンデーサイレンス・母ウインドインハーヘア(母の父アルザオ)という血統の牡馬。通算6戦6勝で、重賞は05年弥生賞(GII)、皐月賞(GI)、ダービー(GI)に次いで4勝目。

中山11Rの第51回オールカマー(GII・芝2200m)は4番人気ホオキパウェーブ(後藤浩輝騎手)が優勝、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは2分16秒7(稍重)。2着2番人気グラスボンバー、3着6番人気エルノヴァで3連単1万5790円。
ホオキパウェーブは美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属で、父カーネギー・母プラチナウェーブ(母の父ミスタープロスペクター)という血統の4歳牡馬。通算11戦3勝。
「競馬 第53回神戸新聞杯 ディープインパクト優勝 第51回オールカマー ホオキパウェーブ優勝」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

第23回ローズステークス 優勝エアメサイア 第59回セントライト記念 優勝キングストレイル

阪神11Rの秋華賞トライアル(3着まで優先出走権)、第23回ローズステークス(GII・芝2000m)は2番人気エアメサイア(武豊騎手)が優勝、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは2分0秒1(良)。2着1番人気ラインクラフト、3着5番人気ライラプスの上記3頭が本番への優先出走権を獲得した。

中山11Rの菊花賞トライアル(3着まで優先出走権)、第59回セントライト記念(GII・芝2200m)は昨年の京王杯2歳S(GII)2着以来約10ヶ月ぶりの実戦となった8番人気キングストレイル(北村宏司騎手)が優勝、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは2分11秒8(良)。2着に1番人気フサイチアウステルが入り、馬単1万5940円。3着に6番人気ピサノパテックで3連単12万2900円の大荒れとなった。
「第23回ローズステークス 優勝エアメサイア 第59回セントライト記念 優勝キングストレイル」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

世界柔道国別団体トーナメント 日本男子銀メダル 女子は銅メダル

柔道の世界国別団体トーナメントは12日、当地のカイロ・スタジアムで男女各8チーム(5人制)が参加して行われ、日本男子は決勝で韓国に2−3で敗れて2位に終わった。1勝1敗から81キロ級銅メダルの小野卓志(了徳寺学園職)、90キロ級金の泉浩(旭化成)が連敗した。
 女子の日本は準決勝で韓国に2−3で敗れたが、中国との3位決定戦では先鋒の岩藤理恵(三井住友海上)、63キロ級銀の谷本歩実(コマツ)、上野雅恵(三井住友海上)までが3連勝。3−2で下して3位を決めた。優勝はフランス。
「世界柔道国別団体トーナメント 日本男子銀メダル 女子は銅メダル」テーマからのトラックバック大歓迎 

続きを読む
posted by とし at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

世界柔道 薪谷翠金メダル 高井洋平銅メダル獲得

世界柔道選手権最終日(11日、カイロ)。女子無差別級の薪谷翠(25)=ミキハウス=が金メダルを獲得した。日本の女子選手が世界選手権で同級を制するのは初めて。男子無差別級の高井洋平(23)=旭化成=は銅メダルを獲得。妊娠のため代表を辞退した谷亮子(30)に代わって初出場した女子48キロ級の北田佳世(27)=ミキハウス=はメダルを逸した。男子60キロ級の江種辰明(28)=警視庁=もメダルに届かなかった
「世界柔道 薪谷翠金メダル 高井洋平銅メダル獲得」テーマからのトラックバック大歓迎です。

続きを読む
posted by とし at 12:56| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005F1ベルギー・グランプリ

F1シリーズ第16戦、ベルギー・グランプリ(GP)は11日、当地で44周(1周6・976キロ)の決勝を行い、佐藤琢磨(BARホンダ)は序盤でリタイアしたが、同僚のジェンソン・バトンは今季2度目の3位に入った。優勝はキミ・ライコネン(フィンランド、マクラーレン・メルセデス)で今季6勝目、通算8勝目を挙げた。フェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)は2位にとどまり、史上最年少での年間総合優勝決定は第17戦以降に持ち越された。トヨタ勢はラルフ・シューマッハー(ドイツ)の7位が最高だった。
「2005F1ベルギー・グランプリ」トラックバック大歓迎です

続きを読む
posted by とし at 09:16| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

競馬 第50回京成杯オータムハンデキャップ マイネルモルゲン優勝 第19回セントウルステークス ゴールデンキャスト優勝

中山11Rの第50回京成杯オータムハンデキャップ(GIIIハンデ・芝1600m)は3番人気マイネルモルゲン(柴田善臣騎手)が優勝、同レース連覇を達成した。勝ちタイムは1分33秒3(稍重)。2着4番人気ニシノシタン。3着10番人気ウインラディウスで3連単7万6950円。マイネルモルゲンは美浦・堀井雅広厩舎所属で、父マウントリヴァーモア・母モーニングタイド(母の父シーキングザゴールド)という血統の5歳牡馬。通算28戦7勝で、重賞は04年ダービー卿CT(GIII)、京成杯オータムH(GIII)についで3勝目

阪神11Rの第19回セントウルステークス(GIII・芝1200m)は5番人気ゴールデンキャスト(小牧太騎手)が優勝、昨年に続いて同レース2連覇となった。勝ちタイムは1分8秒3(良)。2着2番人気ホーマンテキーラ、3着1番人気マルカキセキ。ゴールデンキャストは栗東・橋口弘次郎厩舎所属で、父タイキシャトル・母リターンバンダム(母の父ニニスキ)という血統の5歳牡馬。通算32戦6勝で、重賞は04年セントウルS(GIII)についで2勝目。
「競馬 第50回京成杯オータムハンデキャップ 第19回セントウルステークス」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬 ホリエモンが初勝利

高知競馬(高知市長浜)で十一日、インターネット関連会社ライブドア社長で衆院選広島6区から出馬した堀江貴文氏が所有する競走馬ホリエモン(牡馬3歳)が第6レースに出走、9戦目にして初勝利した。
 この日のホリエモンは11頭中の1番人気。スタート直後から2番手の好位につき、最後のコーナーで先頭に躍り出ると、そのまま逃げ切り、2位以下を大きく引き離し快勝した。
「競馬 ホリエモンが初勝利」テーマからのトラックバック大歓迎

続きを読む
posted by とし at 20:25| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界柔道 内柴正人、横沢由貴 銀メダル

柔道の世界選手権第3日は10日、当地のカイロ・スタジアムで男女各2階級が行われ、男子66キロ級で五輪金メダリストの内柴正人(旭化成)、女子52キロ級で同五輪銀の横沢由貴(三井住友海上)はともに決勝で敗れ、銀メダルだった。日本の金メダル獲得は3日目で途切れた。
 世界選手権初出場の内柴は順調に勝ち進んだが、決勝で伏兵のジョアンデリ・ジュニオール(ブラジル)に一本負け。前回大会3位の横沢も決勝で李営(中国)に競り負け、念願の世界一を阻まれた。
 女子57キロ級で初出場の宮本樹理(帝京大)は1回戦で強豪ユリスレイディス・ルペテイ(キューバ)に敗れ、敗者復活戦も1回戦で完敗。男子73キロ級の高松正裕(旭化成)はアテネ五輪に続いて初戦で敗退した。
「世界柔道 内柴正人、横沢由貴 銀メダル」テーマからのトラックバック大歓迎、アクセスアップにどうぞ。

続きを読む
posted by とし at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

競馬第56回朝日チャレンジカップGIII ワンモアチャッター重賞初制覇

阪神11Rの第56回朝日チャレンジカップ(3歳上GIII・芝2000m)は、1番人気ワンモアチャッターがゴール前の混戦から抜け出し優勝した。勝ちタイム1分59秒4。
ワンモアチャッターは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父ペンタイア、母スケアヘッドライン(母の父パドスール)。5月以降1、1、2、1着の快進撃で勢いに乗ったまま重賞初制覇を果たした。通算成績は33戦6勝。
競馬第56回朝日チャレンジカップGIII関連のトラックバック大歓迎。

続きを読む
posted by とし at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005世界選手権 泉浩金メダル 谷本歩実は銀メダル 小野卓志銅メダル

柔道の世界選手権第2日、男子90キロ級で泉浩(旭化成)が初優勝、銀メダルにとどまったアテネ五輪の雪辱を果たした。3回戦で右ひじを痛めながらも勝ち進み、決勝では同五輪81キロ級王者のイリアス・イリアディス(ギリシャ)に一本勝ちした。
 女子63キロ級アテネ五輪金メダリストの谷本歩実(コマツ)は準決勝までの4戦にすべて一本勝ち。しかし、決勝はリュシ・ドコス(フランス)に一本負けし、悔しい銀メダルとなった。
 男子81キロ級の小野卓志(了徳寺学園職)は2回戦で敗れたが、敗者復活戦、3位決定戦と勝って銅メダル。女子70キロ級で大会3連覇を狙ったアテネ五輪金メダルの上野雅恵(三井住友海上)は初戦、敗者復活戦とも敗れてメダルなしに終わった。
 2日間を終え、今大会の日本のメダルは金2、銀3、銅2となった
「2005世界選手権 泉浩金メダル 谷本歩実は銀メダル 小野卓志銅メダル」テーマからのトラックバック大歓迎です。

続きを読む
posted by とし at 11:18| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

バレーボールのアジア女子選手権 日本は3位

バレーボールのアジア女子選手権最終日は8日、当地で行われ、2年前の前回2位の日本は3位決定戦で韓国に3−0(25−16、25−19、25−18)で勝って銅メダルを獲得した。 アテネ五輪覇者の中国が決勝でカザフスタンに25−18、25−16、25−17のストレートで勝ち、10大会連続11度目の優勝を果たし、ワールドグランドチャンピオンズカップ(11月・日本)のアジア代表になった。 日本は控え組のセッター板橋(日立佐和)やセンター荒木(東レ)が全セットで先発して活躍し、宿敵韓国に付け入るすきを与えず、1次リーグに続き宿敵に勝利した
「バレーボールのアジア女子選手権 日本は3位」テーマからのトラックバック大歓迎です。

続きを読む
posted by とし at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界柔道 鈴木桂治が金メダル 棟田、中沢は銀 塚田は銅

世界柔道が8日、エジプトのカイロ・スタジアムで開幕。男女とも重量級の2階級を行い、男子100キロ級では鈴木桂治が決勝でブボン(ウクライナ)に1本勝ち。03年世界選手権で無差別級、04年アテネ五輪で100キロ超級を制している鈴木は、男子では史上初となる3階級制覇を達成した。男子100キロ超級の棟田康幸と女子78キロ級の中沢さえは決勝で敗れ銀メダル。同78キロ超級の塚田真希は準決勝で敗れ、銅メダルに終わった
「世界柔道 鈴木桂治が金メダル 棟田、中沢は銀 塚田は銅」関連ブログ

続きを読む
posted by とし at 10:25| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。