2005年09月03日

ドラマ ドラゴン桜第9話

特進クラスの夏休みは終わり、二学期が始まった。東大模試の結果が振るわなかった生徒たちも、すでに心を入れ替え受験勉強に励んでいる。ところが、勇介(山下智久)ひとりは勉強に集中できず成績は下がる一方。桜木(阿部寛)から返されたテストでも、トップの一郎(中尾明慶)から20点もの差をつけられ最下位になってしまったのだ。バカ鉢巻を巻かれ愕然とする勇介に、ほかの生徒たちも声を掛けられない。桜木にとっても、勇介の落ち込みようは予想外で対策を練る必要に追われていた…。
「ドラマ ドラゴン桜第9話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ドラマ電車男第九話

剛司(伊藤淳史)は、アニメやゲームが好きなオタクであることを沙織(伊東美咲)に告白した。沙織にはもう嘘をつきたくない、と決意したのだ。沙織は、そんな剛司のことを何の偏見もなく受け入れ、仲直りしてほしい、と彼に頼む。
 その夜、沙織は、剛司と一緒に秋葉原に行く約束をする。パソコンを買い換えようとしていた沙織のために、剛司がアドバイスをする約束をしていたからだった。
「ドラマ電車男第九話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

ドラマ海猿第九話

海賊の銃弾を受けた池澤真樹(仲村トオル)は、大輔の手を握り締め、妻・尚子(芳本美代子)が女児を出産すると同時に息絶える。
仙崎大輔(伊藤英明)は、バディを失い、そして人命救助を放棄したショックから立ち直れないまま、海保大学校の助手として呉に派遣される。そこでは後輩の吉岡哲也(佐藤隆太)が潜水士を目指し訓練中。また、下川いわお(時任三郎)のバディだった矢吹真一(布施博)も潜水士復帰を目指し最終テストを受ける事になっていた。
一方、伊沢環菜(加藤あい)は、池澤が潜水士人生の最後を、大輔を育てる事にかけていたと知り、その事を伝えるために呉に向かう
「ドラマ海猿第九話」関連ブログ

続きを読む
posted by とし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ドラマ ドラゴン桜 第八話

夏の風物詩である東大模試がはじまった。「東大なんて無理!」とバカにされてきた特進クラスの生徒も、両親や親友たちを目返す絶好のチャンスだ。6人の生徒はいままでの成果を試すため、それぞれの思いを胸に秘め模試に臨む。桜木(阿部寛)や真々子(長谷川京子)、そして、4人の特別講師たちも龍山高校にあるドラゴン桜の元、生徒たちの健闘を祈っていた…。
「ドラマ ドラゴン桜 第八話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 20:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

ドラマ 電車男第八話

沙織(伊東美咲)に誕生日のプレゼントを渡すために、雨の中、彼女が来るのをずっと待ち続けていた剛司(伊藤淳史)は、意識を失って倒れた。沙織は、そんな剛司を桜井(豊原功補)とともに病院に運ぶ。連絡を受けた剛司の父親・恒生(岸部シロー)と妹の葵(掘北真希)も、すぐさま病院に駆けつけた。
 インターネット掲示板の“住人”たち――皆本(小栗旬)、一坂(温水洋一)、富永(我修院達也)、浅野(山崎樹範)ら…パソコンがクラッシュ中の牛島(六角精児)を除く…は、剛司=電車男からの報告を待ちわびていた。そのようすを見た桜井は、電車男になりすまし、沙織=エルメスに振られたなどと嘘を書き込むが、すぐに偽者だということがバレてしまう。すると桜井は、剛司の見舞いに来ていた沙織が病室を出た隙を見計らって、自分が沙織の婚約者だと偽り、これ以上沙織に付きまとうな、と剛司に警告する。さらに桜井は、沙織にも嘘をつき、剛司が彼女のことを嫌っているかのように思い込ませていた。剛司の妹・葵からも「兄のことを弄んでいるなら、これ以上苦しめないでください」と言われた沙織は、ますます心を痛めてしまう。
「ドラマ 電車男第八話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

ドラマ おとなの夏休み

10回目の結婚記念日を明日に、そして、海岸での最大のイベント・花火大会を明後日に控えた日、みゆき(寺島しのぶ)は自分の考えを分かってもらおうと和幸(石黒賢)に会った。しかし、メモを作り論理的に伝えようとはしたものの、話は全て空回り。仕事で忙しいという和幸に、みゆきは、いつものレストランで結婚記念日の食事をしよう・・と一方的に誘った
みゆきから結婚記念日の話を聞いた優(中越典子)は、その日が和幸、壽美子(中島知子)と約束した食事の日だと気付きビックリ。トラブルに巻き込まれたくない優は、理由も言わずに壽美子にキャンセルを告げる。みゆきの結婚記念日のことを知らない壽美子。一方のみゆきは、いつものレストランで和幸が来るのを待つつもりだった。
「ドラマ おとなの夏休み第八話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

ドラマ がんばっていきましょい

悦子(鈴木杏)は利絵(相武紗季)にボート部へ戻ってきてほしいと根気よく説得を続けるが、利絵の気持ちは変わらない。そんな最中、新海高校との対抗戦が近づいてきた。地元では因縁の戦いと言われるだけあって、篠村家でも友子(市毛良枝)と法子(浅見れいな)は応援のTシャツを作り、幸雄(大杉漣)も「行くに決まっとるがぁ」ときっぱり。お好み焼き屋の根本(小日向文世)もまったく仕事に身が入らないものだから、緑(友近)は「腹立つ!」とおかんむりだ…
「ドラマ がんばっていきましょい」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 16:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ海猿 8話

2週間に及ぶ巡視船「ながれ」の洋上警備活動が始まった。池澤真樹(仲村トオル)の妻・尚子(芳本美代子)の出産予定日をはさんでいる。
尚子の陣痛が予定通り始まったころ、「ながれ」は、頭に怪我を負い海上に漂流するロシア人を発見した。海賊に貨物船を奪われ、何人かは射殺されたのだという。
「ながれ」は奪われた貨物船を発見するが、海賊は人質となった船長が海に逃げると発砲を始め、船長の救助に向かった仙崎大輔(伊藤英明)と池澤にも銃弾が襲い掛かる。同じ時、伊沢環菜(加藤あい)に付き添われ、尚子は女の子を産むが…。
「ドラマ海猿 8話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 16:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ドラマ スローダンス

第八話 後戻りできない朝
芹沢理一(妻夫木聡)は、牧野衣咲(深津絵里)に背中を押されるような形で、教習所教官を辞めてしまう。一方、衣咲は英介(藤木直人)と小池実乃(広末涼子)の微妙な関係を知ってしまった。そんな衣咲の傍らにいたのは理一。理一と衣咲は、思わずキスをしてしまって…。
「ドラマ スローダンス」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

ドラマ ドラゴン桜 第7話

夏の風物詩である「東大模試」を直前に控えた特進クラス。4人の特別講師による指導で、生徒たちの士気も格段と高まっていた。ところが、この先新しい講師を呼ぶ資金は尽き、桜木(阿部寛)は不本意ながらも世界史の担当に真々子(長谷川京子)を指名。英語教師を辞めた真々子が再出発しようとしていた。しかし、世界史の教員免状を持っていない真々子が教壇に立てるわけもなく、桜木は生徒と一緒に授業を受けるように命令。一体どんな授業が披露されるのか?
「ドラマ ドラゴン桜 第7話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 09:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ドラマ電車男 第7話

沙織(伊東美咲)は、剛司(伊藤淳史)が落とした封筒を彼の元へと届けに行った。それは、剛司がオタク仲間の松永(劇団ひとり)、川本(菅原永二)とともにコミックフェスティバルに参加するために必要な受付証だった。剛司が仕事だと嘘をついて自分との約束を断ったことを知った沙織は、大きなショックを受け、涙を堪えることが出来ない。その姿を見た剛司は、激しく動揺し、その場から立ち去る彼女の後姿をただ見つめるしかなかった…
「ドラマ電車男 第7話」関連ブログ


続きを読む
posted by とし at 15:11| Comment(1) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 海猿第7話

『ながれ』に威嚇射撃の命令が下り、船内に緊張が充満した。射手の池澤真樹(仲村トオル)と助手の仙崎大輔(伊藤英明)は言わずもがなである。そのころ、池澤の妻、尚子(芳本美代子)は緊急治療を受け、付き添いの伊沢環菜(加藤あい)はロビーのニュースを見つめていた。また、下川いわお(時任三郎)の娘・唯(一木有海)は電気店のテレビニュースで父の危険に気付き、オーシャンズのスタッフは息をのみ…と、それぞれに恐怖と不安を受け止めている…
「ドラマ海猿 第7話」に関するブログ

続きを読む
posted by とし at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。